九月二十六日(土) 京都 嵐山 『松風』

 


京都嵐山は源氏物語の舞台にもなっています。

明石の御方が上洛の前にひととき身を置いた嵯峨野大堰川のほとりには

明石の浦を思わせる松林があり、松をぬける風の音は明石の御方の心に寄り添うようにむせび泣くのでした。


会場の「花のいえ」は江戸時代の豪商角倉了以ゆかりの邸。ごてんの間ともいわれる「關鳩楼(かんきゅうろう)での語り会です。

花のいえ由縁記    アクセス

紅葉には少し早ので、逆にゆったりと嵯峨の散策も楽しめる時期です。

源氏物語の、明石の御方の気配を感じに 是非お運び下さい。




思いは堰をこえて・・・・・

「松風」の巻  第十八帖

 

日時 9月26日(土)


 会場 花のいえ

 

参加費 3.500円(御抹茶、御菓子付き)

    

チラシ裏情報はクリックで画像が拡大 


お問い合せ  090-2281-3189 

「思いは堰をこえて 松風の巻」実行委員会


お申し込みは以下のフォームでどうぞ



メモ: * は入力必須項目です

山下智子
山下智子

スケジュール

2017年語り会

1月2月  3月4月

 

5月6月   7月8月

 

9月10月  11月12月

 

山下智子facebook

ブログ〜紫苑の小径〜

サイト内検索

Loading

please share this site

 これらは終了していますがご覧いただけます。

 

2016年語り会の記録 

 1月2月  3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

2015年語り会の記録 

1月2月  3月4月 

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

2014年語り会の記録 

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2013,2012年の記録