スケジュール 5月6月

 

   五月二十四日(金)葛飾区 『若紫』

 

 

「若紫」

 

5月24日(日) 

 

14:00

 

藍ホール 

葛飾区亀有

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

 

  明大前の連続語り会を我が町でも!と、亀有で企画して下さった

座・スーパーマーケット主宰  田村啓子さん。

今回は第五帖『若紫』の巻を語ります。

手作りのあたたかい語り会です。

終演後には皆さんとの茶話会も予定しています。

 

午後二時開演 (一時半開場)
前売り 2500円(当日3000円) 
お茶と和菓子付き
 
主催  座・スーパーマーケット

お問い合わせ先  03-3603-0338 (受付時間11時から17時)

 

藍ホール 葛飾区亀有3-21-11藍ビル3F 地図

 

 

 

 六月二十一日 (金)  二十二日(土)隔月連続公演 第二十四回『常夏』『篝火』

 

 

6月21日(金)

      22日(土)

 

 第24回

「常夏」第二十六帖

「篝火」第二十七帖

   二帖通し上演

 

京王線 明大前

キッド・アイラック・アート・ホール

クリックすると拡大します
クリックすると拡大します

 

 

ゆくへなき 空に消ちてよ篝火の  

たよりにたぐふ 煙とならば

 


御髪の手ざわりなどはひんやりして

気品のある感じがし

身を堅うして

何事も恥ずかしう思うといやす様子は

ほんまに可愛らしおす。

 

 

常夏 あらすじ

 夏、源氏は内大臣の子息達が夕霧を訪ねてきた折に、内大臣が最近引き取った娘・近江君のことを話題にし、皮肉る。玉鬘は父内大臣の人柄についての源氏の話しぶりに、二人の対立関係を知る。源氏は玉鬘に恋愛論などを語りながら彼女の処遇を思い迷う。

 内大臣も夕霧と引き離した雲居雁の処遇を案じているが、問題は近江の君である。なかなかの美貌だが教養がなく早口で、洗練された姫と云うには難がある。弘徽殿女御のもとでの行儀見習いを勧めると、喜んだ姫はめちゃくちゃな歌を贈り、女御を困惑させる。

 

篝火 あらすじ

 源氏の玉鬘への思いはいや増し、ある夜琴を枕に玉鬘に寄り伏す。消え入りそうな篝火がまた燃え出すと玉鬘は美しく照らしだされる。東の対からは夕霧や柏木らの合奏が聞こえてくる。柏木は玉鬘を想うあまり打ち解けて琴を弾き続けることができない

 

 

 

「常夏」第二十六帖

「篝火」第二十七帖

 

「常夏」の巻に続いて 源氏物語の中で一番短い「篝火」の巻を続けて語ります。

 今回は、金曜日 夜と土曜日 午後 の公演です。

 

開演時間 21日 (金)  6時30分 (開場6時)

  

     22日 (土)  3時  (開場2時半)   

 

     

    

入場料 前売り:2,000円 (当日:2,500円)

 

場所  明大前 キッド・アイラック・アート・ホール

    東京都世田谷区松原2-43-11

                     ホールへのご案内

 

チケットのご予約     ッド・アイラック・アート・ホール 

TEL. 03−3322−5564     FAX. 03−3322−5676

 

山下智子
山下智子

スケジュール

2017年語り会

山下智子facebook

ブログ〜紫苑の小径〜

サイト内検索

Loading

please share this site

 これらは終了していますがご覧いただけます。

 

2016年語り会の記録 

 1月2月  3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

2015年語り会の記録 

1月2月  3月4月 

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

2014年語り会の記録 

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2013,2012年の記録