スケジュール 7月8月

 

 

スイス、リヒテンシュタイン6都市での公演を終え

最終地ルガーノで誕生日を迎えました。

言葉の境を超えて一心に聴き入って下さり嬉しいご感想も頂戴しました。

その後5日間イタリアを巡り、このほど源氏物語を原文からイタリア語に完訳された

ローマ大学教授 マリア・テレーザ・オルシ先生にお目にかかりました。

イタリア語の源氏物語の響きはたいへんまろやかで美しく、いつかイタリア語と京ことばを一緒に聴いていただけるような企画を考えたいと思いました。

 

海外での貴重な経験をこれからの活動に活かしていけたらと思います。

 

 

 

  七月二十六日(土) 亀有藍ほーる  『明石』

 

 

7月26日(土)

 

 第十二回

「明石」第十三帖

 

会場  葛飾区 亀有 

    ほーる

山下智子 明石ちらし
山下智子 明石ちらしうら

 

  明大前の連続語り会を我が町でも!と、亀有で企画して下さった

座・スーパーマーケット主宰  田村啓子さん。

今回は第十三帖『明石』の巻を語ります。

手作りのあたたかい語り会です。

 

 

明大前で聞き逃した・・・という方も是非どうぞ

 

 

午後二時開演 (一時半開場)
前売り 2800円(当日3500円) 
お茶と和菓子付き
 
主催  座・スーパーマーケット

お問い合わせ先  03-3603-0338 (受付時間11時から17時)

 

藍ホール 葛飾区亀有3-21-11藍ビル3F 地図

 

 

 

  八月九日(土)十日(日)東京 明大前 連続語り会『藤裏葉』

 

 

8月9日(土)

   10日(日)

 

 第31回

「藤裏葉」第三十三帖

 

 

京王線 明大前

キッド・アイラック・アート・ホール

山下智子 藤裏葉 kidちらし
山下智子 藤裏葉 kidちらし裏
クリックすると拡大します

 

 

紫の雲にまがへる菊の花

濁りなき世の星かとぞ見る

 

 

 
梢は若葉もまばらで淋しい頃どすけど
えろう様子ありげに横たわってる松の
小高いというほどでもないのに
 
からみついてる花の様子は
世の常の様ではのうて面白うおす
 

 

藤の裏葉 あらすじ

 

 内大臣は夕霧の縁談を耳にし、娘雲居雁との結婚をついに許そうと和解の機会をうかがう。四月、自邸の藤の宴に招いてめでたく結婚の運びとなった。内大臣は六年越しの恋を結実させた立派な婿を丁重にもてなした。

 明石の姫君(十一歳)の春宮入内は四月二十余日と決まった。養母紫の上は生母明石の御方を思いやり、後見役を譲ることにし、紫の上と明石の御方ははじめて対面、互いに相手の美質を認めあう。紫の上に引き取られて八年、姫の成長に明石の御方は夢を見ているようであった。

 明年四十の賀を迎える源氏のために帝をはじめ宮廷中が準備に奔走していた。秋、源氏は准太政天皇の処遇を受ける。内大臣は太政大臣に、夕霧は中納言にそれぞれ昇進した。

 

 冬、冷泉帝の六条院行幸があり、朱雀院も御幸、かつての紅葉の賀を彷彿とさせる盛儀で、源氏の栄華はここに頂点に達する。

 

 

開演時間  9日 (土)  10日(日)  

      3時開演  (開場2時半)   

 

    

入場料 前売り:2,000円 (当日:2,500円)

 

場所  明大前 キッド・アイラック・アート・ホール

    東京都世田谷区松原2-43-11

                     ホールへのご案内

 

チケットのご予約     ッド・アイラック・アート・ホール 

TEL. 03−3322−5564     FAX. 03−3322−5676

 

メモ: * は入力必須項目です

山下智子
山下智子

スケジュール

2017年語り会

1月2月  3月4月

 

5月6月   7月8月

 

9月10月  11月12月

 

山下智子facebook

ブログ〜紫苑の小径〜

サイト内検索

Loading

please share this site

 これらは終了していますがご覧いただけます。

 

2016年語り会の記録 

 1月2月  3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

2015年語り会の記録 

1月2月  3月4月 

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

2014年語り会の記録 

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2013,2012年の記録