ふと立ち止まり 一途に未来に向ける目を 足もとに繋がっているいにしえの彼方に・・・

 


千年の時を超える日本の心


 

 古代より困難をくぐりぬける毎に深められてきた日本の心の文化

その心を受け継ぐ活動を行っていきたいと思います。

 

これまでの女房語りに加えて、今後、源氏物語を核にしたもの作りも提案させて頂きます。


NEWS! 京ことば源氏物語の著者 故 中井和子先生の十三回忌の今年、先生とのお約束を形にする第一歩を踏み出しました。物語として綴られた文字を声にのせ、時代と共に失われてゆく京ことばを次の世代にお渡しできる音源を作成します。CDという媒体もいつか消えるかと思いますが、まずはCDで、ライナーノーツも丁寧に作り封入したいと思います。
そして10月2日京都大江能楽堂にて絢爛の舞楽と共に「紅葉賀」を語ります。

クラウドファンディングへのご支援、ありがとうございました!

10月2日「紅葉賀」

大江能楽堂公演 

チケット、CD 販売 

CD「紅葉賀」について

 

終了していますがクラウドの様子もご覧頂けます

 

クラウドへ
クラウドへ


 本藍染めのマスク

 

マスク生活が長くなる中、私自身が身につけたいと思える「マスク」を阿波のくにの伝統工芸の皆様に製作して頂きました。ウイルス対策は勿論のこと、本藍染め、しじら織りによる、身につけるものとしても使うほどに愛着の増すマスクです。

 

若紫をイメージして描いたイラストなどで源氏香図ポストカードを製作しました。


京都語り会【若菜・上 其の二】

9月12日(日) 織成舘

緊急事態宣言により中止/延期となりました

詳細はこちら



東京 アトリエ第Q藝術公演は見合わせております。

大阪西区民センターでの語り会は延期が続いております。

 亀有での連続語り会は再会はもう暫くお待ちください。

 


 

2016年1月23日 

ザ ターミナルキョウト

「桐壺」の巻

京ことばに続いて原文(部分)


 

2016年5月21日

京都法然院

「帚木」後半〜「空蝉」の巻

撮影、編集は蓑田毅さん 

 


2013年4月21日 京都有鄰館

「胡蝶」の巻 

←京ことば 

原文→

撮影、編集は蓑田毅さん 


2013年1月10日 京都野仏庵

「松風」の巻 

←京ことば 

原文→

 

撮影、編集は蓑田毅さん


 

広く海外でも訳されている源氏物語

その底知れない魅力を追いかけて

物語のふるさと京都の調べが もののあはれ源流への旅に誘います。


 

 

ワルシャワ、パリ、スイスで

京ことば源氏物語を聴いていただきました。

ブログで簡単ですがご報告致します。

 

 


 

 

ご依頼の巻の語り会はじめ

ライフワーク 「源氏物語全五四帖連続語り」が

世田谷区 アトリエ第Q藝術公演に続いて

京都、大阪西区民センター、葛飾藍ホールなどで進行中です。

 

京ことば以外にも、朗読、映像のナレーションなど承ります。

 

 


京都東本願寺 渉成園 「紅葉賀」