東長寺 文由閣

 全五十四帖隔月連続語り会

 

 絵本作家エムナマエさんのご縁により、明大前キッド・アイラック・アート・ホールにて隔月で全五十四帖を語り尽くす企画を2009年8月8日、スタートさせました。

 八月八日は∞/∞無限のかさね、まさに出発にふさわしい日となりました。

 奇遇にも2007年のこの日、果無峠を越えて熊野古道を歩き、熊野三山本宮 神倉神社を参拝し、心がすっかり再生したように感じたことを思い起こし、果て無い旅がここから始まっていたこと、そして中井和子先生と過ごさせていただい た宝物のような数年間を有り難いものと受け止めております。

中井和子先生が訳されたことばを残さず声に乗せるべく、長い巻も省略せずに語り尽くします。

 語り会の中で、短い巻や数回に渡る巻で時間枠に余裕がある折には、近年の取り組みでもある『原文の京都音調語り』も織りあわせて参りたいと思います。

 

2016年暮れにキッド・アイラック・アート・ホールが閉館となったため、2017年より四谷四丁目 東長寺 文由閣/講堂にて続投となりました。

現在の詳細はこちらです 

 

2007年〜2012年までの記録はこちらです

2013年から現在の最新情報はこちらです

 

 

亀有 藍ホール

全五十四帖隔月連続語り会

 

葛飾区亀有での語り会です。

地元の団体のお招きを受けて始まりました。奇数月の公演です。

 


こおりやま文学の森資料館 他

全五十四帖連続語り会(年に一度)

 

東北の震災の年から始まった語り会です。年に一回ですが第一帖からお聴き頂いています。

このほかにも都内の図書館で連続に語らせて戴いております。どこまで語れるでしょうか。

 

 

 

 

 

京都 物語の地で

全五十四帖隔月連続語り会

 

 2015年に故郷の京都に戻り、拠点を構えました。

京都は源氏物語の地。

2016年より、毎回物語にふさわしい語りの場を選び、京都ならではの語り会をスタートさせました。

 京ことばで源氏物語を語るなら、やはり京都という環境に身を浸していなければ、という積年の思いが叶いました。

 

隔月語り会ですので物語の季節と実際の季節が合わないこともありますが、三方の山々から下りてくる気配は往時の都人の感じていたそれに重なります。中井和子先生にもこの声が届きますようにとの思いも込めて、語らせて戴きます。

 

詳細はこちらです。

 

 

 

 

神戸風月堂

全五十四帖連続語り会(不定期)

 

 キッド・アイラック・アート・ホールのご縁により、御菓子の老舗である神戸風月堂『朗読サロン』に於いて全五十四帖を語り尽くす企画が2010年6月19日より始まりました。

 

 おちついたテーブル席の会場で、語りの前には、巻にあわせたお菓子『源氏の由可里』をお楽しみいただけます。

 

 神戸風月堂さんの創作和菓子『源氏の由可里』は、源氏物語の各巻の心をゆかしく表現し、日本の美と心をお菓子に託した創作和菓子です。 典麗、優雅、妖艶、清楚、枯淡、さまざまな情感やそれらの知性と感性の織りなす妙なる美意識が一つ一つに託されています。

 

詳細はこちらです

 

 

 



山下智子
山下智子

スケジュール

2017年語り会

山下智子facebook

ブログ〜紫苑の小径〜

サイト内検索

Loading

please share this site

 これらは終了していますがご覧いただけます。

 

2016年語り会の記録 

 1月2月  3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

2015年語り会の記録 

1月2月  3月4月 

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

2014年語り会の記録 

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2013,2012年の記録