スケジュール 3月4月 (2020)

 

東京  3月7日(亀有藍ホール)  9日(板橋区蓮根図書館)  

    4月25日26日(世田ヶ谷 成城アトリエ第Q藝術) 4月29日(武蔵村山市)

徳島  3月14日 (徳島市 書道会館)

京都  3月28日 (野仏庵)

大阪  4月4日(船場 花外楼) 

**************************************

 

 三月七日(土)亀有連続語り会 「御法」

 

この公演は、新型肺炎拡散の懸念を受けて中止となりました。

ご迷惑をおかけいたします。よろしくお願い申し上げます。

 

  

源氏物語 御法 山下智子

 

「御法」第四十帖 

3月7日(土) 

 

14:00開演

   開場は1時半

 

藍ホール 

葛飾区亀有3-21-11藍ビル3F 地図

 

お茶と創作御菓子付き

 

 お申し込みの際 このサイトをご覧になったとお伝え下さい。 

 

源氏物語 御法 山下智子 亀有
クリックすると拡大します

  東京の連続語り会を我が町でも!と、亀有で企画して下さった

座・スーパーマーケット主宰  田村啓子さん。

今回は『御法』源氏物語第二部 権力の頂点にありながら、心中は地獄の苦しみを味わっている源氏六条院に最大の哀しみが訪れます。紫上との別れです。ついにその日がやって来ました。どうぞお聞きください。

 

手作りのあたたかい語り会です。聞き逃した・・・という方も是非どうぞ

午後二時開演 (一時半開場)
前売り 2800円(当日3500円) 
お茶と巻にあわせた創作和菓子もお楽しみに!!


主催  座・スーパーマーケット

お申し込み/お問い合わせ先  03-3603-0338 (受付時間11時から17時)

藍ホール 葛飾区亀有3-21-11藍ビル3F 地図

 

 

**************************************

 

三月 九日(月) 板橋区 蓮根図書館 「薄雲」

 

この公演は、新型肺炎拡散の懸念を受けて中止となりました。

ご迷惑をおかけいたします。よろしくお願い申し上げます。

 

源氏物語 薄雲 蓮根図書館 ちらし 山下智子

 

3月9日(月) 2時開演

蓮根集会所 蓮根図書館 隣

定員 50名 

 お申し込みは蓮根図書館へ

 03−3965−7351

 

毎年一帖ずつ語らせていただいて

今回は藤壺崩御の【薄雲】をお聞きいただきます。

お楽しみに!!


 

**************************************

 

三月 十四日(土)徳島 源氏物語と手習い 「若紫」

 

この公演は、八月二十九日に延期になりました。

ご迷惑をおかけいたしますがよろしくお願い申し上げます。

 

源氏物語 若紫 山下智子 徳島 ちらし

 

第1回 【若紫】第五帖

    

ところ 徳島県立書道館

 言の葉ミュージアム1階ギャラリー

徳島市中前川町2丁目22−1 アクセス

 

 ご参加費 3000円 要予約

      当日は3500円となります

 

物語で交わされる歌と原文の一節を

書家の原田葉月さんの美しいかなの手習いで

ご覧戴き、物語をお聞き戴く企画です。

 

お申し込みはこちらのメールアドレス

hm@gsd-web.com に 御名前、人数、御電話番号を明記してください。

 

 

源氏物語 若紫 書道 徳島 山下智子
クリックすると拡大します

 

**************************************

 

三月 二十八日(土)京都連続語り会 「行幸」

5月9日、10日に延期となりました。

 

会場は、旧三井家下鴨別邸です。追ってお知らせ致します。

 

 

 

源氏物語 行幸 山下智子 京都

 

第二十九帖『行幸』

 

 

小塩山

みゆきつもれる松原に 

今日ばかりなる 跡やなからむ

 

 

 

帝が赤色の袍をお召しあそばし

端正でみじろぎもおしやさしまへん御横顔に

較べ申しあげられる人は 誰もござりまへん

 

(行幸の巻より)

 

 

 

行幸 あらすじ

 

玉鬘の処遇に苦慮する源氏は、玉鬘の入内を考えている。十二月に冷泉帝が大原野へ行幸、玉鬘も行幸見物に出掛け、初めて見る父内大臣の姿に目をとめるものの、帝の端麗な姿は格別で、源氏の勧める入内へ心が動く。

 

 

 玉鬘の裳着を急ぐ源氏は、内大臣にその腰結役を依頼するが、大宮の病気を理由に断られてしまう。源氏は三条の宮に大宮を見舞い、玉鬘が内大臣の子であることと入内の件を打ち明け、内大臣と会えるように依頼する。大宮からの文により内大臣が駆けつけ、源氏と久々の対面をして和解する。源氏は玉鬘のことを打ち明けるが、夕霧と雲居雁とのことには触れない。

玉鬘の裳着の日には大宮、中宮などから祝の品が贈られる。玉鬘をわが子と知った内大臣は、複雑にも嬉しい思いで越結を務めた。玉鬘を慕って文を送っていた中将なども真相を知り複雑な思いでいる。

 

 近江の君は、玉鬘の尚侍就任をうらやんで激昂するが、周りの人々や内大臣も心にもない言葉をかけ、近江の君を物笑いの種にしている。

 

 

野仏庵について

 

静寂の中に数席の茶席と百体を超えるさんが佇むは、石川丈山が隠棲した知る人ぞ知る京の名所です。竹林の美しいお庭には茶席が点在し、百体を超える野仏さんが散策の目を楽しませてくれ、大人の隠れ家として人気がありますが、常時開放されていないので、なかなか訪れる機会がないという方も多いのです。

今回の物語は、帝が大原野へ狩りにお出かけになる「行幸」から、洛中から少し離れた隠れ里へと皆様をご案内致します。

京ことば源氏物語の著者 中井和子先生は母屋からの眺めを

『源氏が若紫を発見した庵のよう』と、野仏庵さんを愛しておられました。

詩仙堂すぐ傍です。春の京都散策をかねて是非どうぞ。

第25回 【野分】第二十八帖

    

ところ 野仏庵 

左京区一乗寺葉山15-3  

    詩仙堂斜め向かいです

野仏庵への交通手段 

 

美味しいお抹茶をお楽しみ戴きす。開演前にゆったりと御散策、お茶の時間をお過ごし下さい。お庭の散策はご自由にお入り頂けますが、母屋へは会場受付1時半までお入り頂けません。ご了承下さい。

全倚子席でございます。

 

ご参加費 3500円 要予約

お席の確保のため、またお茶のご準備を野仏庵様にしていただきますので、出来ましたらお早めに御予約下さい。

源氏物語 玉鬘 山下智子
クリックすると拡大します

メモ: * は入力必須項目です


 

**************************************

 

四月 四日(土)大阪船場 花外楼 「若紫」

 

花外楼 北浜本店は1830年 天保元年創業という歴史を誇る料亭です。
明治8年、日本の立憲体制の礎となる
大阪会議の舞台となりました。
その成功を祝って「花外楼」と命名。
名付け親は木戸孝允(桂小五郎)です

一時間の語りの後、お食事をお楽しみ下さい。 

 

詳細は追って追記致します。

 

日  時:2020年4月4日(土)
講演/11:00 お食事/12:00

会  場:花外楼北浜本店
料  金:お一人様¥10,000(税・サ込)

※お飲物代は別料金
お振込先:三菱UFJ銀行 大阪中央支店   

普通4114780 口座名 株式会社花外楼

お申し込み 06−6231−7214

 


 

**************************************

 

四月 二十五日(土)二十六日(日)東京連続語り会「浮舟」その三

 

源氏物語 浮舟 山下智子 東京 成城

 

2019年

4月25日(土)

      26日(日)

 

 第65回 「浮舟」その三 第五十一帖

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

 

両日 3時開演( 開場 2時30分

 

御予約 3000円 

当日  3500円 

 

お問い合せ/お申し込み  

*以下のフォームからお申し込み下さい 

 

 アドレスの登録をさせていただき、次回以降のご案内を差し上げます。

 

源氏物語 浮舟3 成城 東京 山下智子
クリックすると拡大します

 

 

鐘の音の絶ゆるひびきに音をそへて

わが世尽きぬと君に伝へよ

 

 

夜があけると

川の方をみて

屠所に引かれる羊よりも

死がそこにある気がするのどす。

(浮舟より)

 

 

浮舟その三 あらすじ

 

 浮舟は薫大将と匂宮 二人の愛の板挟みで苦しみ、死を思う。一方薫は、両者の使者が浮舟の元で鉢合わせしたことから、ついに匂宮が人目を忍んで浮舟のもとに通っていることを知り衝撃を受ける。浮舟が物思いに耽っていた姿にも合点がいき、この裏切りを疎ましく思う。

 薫からの文に戦いた浮舟は、右近と侍従からも、薫か匂宮かの選択を迫られ、更にこのような愛憎のもつれの顛末として不吉な例を聞くと、我が身ひとつ死ぬ覚悟をして匂宮からの文を処分するのだった。

 

 薫は浮舟を京に迎え取るべく宇治の警備を強化、匂宮は浮舟からの返事がないことに苛立ち宇治にやって来、厳戒に阻まれる。退っ引きならない事態に追い込まれた浮舟は死を決意する。不吉な夢を見た母からの文に決別の歌を遺し、気遣う乳母の言葉を聞きながらその時を待つのだった。

 

 

 

 宇治十帖の幕開きと共に、会場が「アトリエ第Q芸術」に変わりました。

 

キッド・アイラック・アート・ホール閉館に伴い、チーフディレクターであった早川誠司さんが、日本画家高山辰雄氏のかつてのアトリエを、総ての芸術活動の発信地として蘇生させました。

源氏物語のリトグラフでも知られる高山辰雄氏、御息女で作家の高山由紀子氏は「源氏物語 千年の謎」の著者、源氏の御縁に導かれたかのようです。

成城学園前からすぐという立地、芸術の香りたつ「アトリエ第Q芸術」から始まる宇治十帖の物語、終演後にはご要望の多かった皆様との茶話会で楽しく過ごせる空間となります。

皆様のお越しをお待ち申しあげます。

 

 

これまでの物語をお聞きでない方もご安心下さい。

30分の解説でこれまでのお話や背景をお聞き頂いた上で語ります。

 

 

お問い合せ/お申し込み  

*以下のフォームからお申し込み下さい 

 

 

 アドレスの登録をさせていただき、次回以降のご案内を差し上げます。

メモ: * は入力必須項目です

 

**************************************

 

四月 二十九日(水)語りと雅楽で楽しむ平安絵巻「若紫」

 

源氏物語 雅楽 平安絵巻

知らねども武蔵野といへばかこたれぬよしやさこそは紫のゆえ

紫の一本ゆゑに武蔵野の草は皆がらあはれとぞ見る

ともに古今集にのこる歌です。

ここに見える紫 これは紫という色が背景にあるのは勿論ですが、

白い花を咲かせる小さな草「紫草」を表していて、その根から高貴な紫の染料をとるので紫根と呼ばれます。

根 は血縁を意味し、「若紫」では、若き源氏の君が思慕する藤壺の宮の姪にあたる姫を発見し、彼女を手の届かない藤壺の形代として理想の女君に育てたいと望む源氏の思いが描かれます。

源氏は幼い頃に母桐壷更衣を亡くし、母にそっくりという父帝の后 藤壺の宮に恋します。桐の花、藤の花はともに紫、そして北山で発見した姪の女の子は「若紫」の姫、若草の君、と呼ばれ、紫草の根に繋がる憧れの藤壺の宮がこの幼い姫の向こうに見え隠れします。

 

このかさねが、紫のゆかり として、源氏物語前編に通奏低音のように常に響いている大いなるテーマなのです。若紫の物語の中にも、

 

おひ立たむありかも知らむ若草をおくらす露ぞ消えんそらなき 

 

初草のおひゆく末も知らむ間にいかでか露の消えんとすらむ 

初草の若葉のうえをみつるより旅寝の袖も露ぞかわかぬ

 

手につみていつしかも見む紫の根にかよひける野辺の若草

ねは見ねどあはれとぞ思ふ武蔵野の露わけわぶる草のゆかりを

かこつべきゆえを知らねばおぼつかないかなる草のゆかりなるらん

 

紫草を歌った歌がこれだけあるのです。

そして当時 紫草の一大生産地で会ったのが 武蔵野の大地。

 

この企画は、雅楽 笙の演奏家 武智和子さんとの出逢いから繋がったご縁。

まさに紫のゆかりです。武蔵野というはるかな地に思いを馳せ、源氏物語を語っていましたが、紫草の根に繋がる武蔵野 武蔵村山市で語れることを嬉しく思います。

 

笙 武智和子さん 龍笛 伊崎義之さん 女房語り 山下智子

 

4月29日(水祝)

武蔵村山市民会館にて 午後3時開演 (開場は2時半)

ご予約 1000円 当日1200円

web予約 musashimurayama-sakurahall.jp

お申し込み お問い合わせ 042-565-0226   9時から22時

月曜は休館日です    会場へのアクセス

 

 

山下智子
山下智子

スケジュール

2020年語り会

 

1月2月  3月4月

 

5月6月  7月8月

 

9月10月  11月12月

山下智子facebook

 これらは終了していますがご覧いただけます。

 

2019年語り会記録

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

 

9月10月  11月12月

 

2018年語り会記録

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2017年語り会記録

1月2月   3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

 

2016年語り会の記録 

 1月2月  3月4月

5月6月   7月8月

9月10月  11月12月

2015年語り会の記録 

1月2月  3月4月 

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

2014年語り会の記録 

1月2月  3月4月

5月6月  7月8月

9月10月  11月12月

 

2013,2012年の記録

ブログ〜紫苑の小径〜

サイト内検索

Loading

please share this site