スケジュール 3月4月 (2023)

京都  3月12日(招喜庵)

    4月8日9日(然花抄院ギャラリーSUGATA)   

奈良  4月22日(三五夜)

東京  4月1日(清澄庭園)

    4月15日16日(アトリエ第Q藝術)

    4月29日(府中)

 

 

 

源氏物語第二部【柏木】後編  三月十二日 (日)  

 

源氏物語 柏木 山下智子 ちらし表 招喜庵 京都

 

誰が世に種はまきしと人問はば

 

いかが岩根の松は答へむ

 

 

女宮にも、とうとうお逢いやさずじまいで

   泡の消え入るようにお亡くなりやした。

                  (柏木より)

 

 

柏木 後編   あらすじ

 柏木衛門督は見舞いに訪れた夕霧に病の真因を打ち明け、後事を頼むと、周囲の祈りの甲斐もなく亡くなった。正妻女二宮(落葉宮)とその母御息所はもとより、衛門督の父至仕大臣の嘆きは言いようもない。尼となった女三宮も、衛門督との宿縁に涙した。
 三月、女三宮の生んだ若宮の五十日(いか)の祝が催されたが、尼宮と心通うべくもない六条院の心境は複雑で、若宮に面影を映した衛門督の早逝を惜しみ、尼宮の心中を察するのであった。
 夕霧は世の中が悲しみに暮れる中、女二宮の実家一条宮を見舞い、心篤く御息所と故人を偲んだ。また、至仕大臣邸を訪ね唱和を以て哀悼した。以来、夕霧は一条宮を常に見舞い女二宮と歌を交わすうち宮への思いが深まり、一条宮の女房達も夕霧と女二宮の再縁に期待を寄せるようになる。

 

 これまでの物語をお聞きでない方もご安心下さい。

30分の解説でこれまでのお話や背景をお聞き頂いた上で語ります。

 

 

 

会場 招喜庵さん

 

今回の会場「招喜庵」さんは、東福寺方丈、瑞峯院、松尾大社の作庭、また前衛いけばなで知られる重森美玲の邸宅の主や部分です。庭園部分は現在重森美玲庭園美術館として公開されていますが、主や部分の「招喜庵」は通常は非公開の、趣深い御邸です。管理しておられるのは、あさぎ美術館はじめ、きもの、ジュエリー、ブライダルと幅広く事業展開しておられる塚本喜左衛門氏(ツカキグループ代表)。歴史ある建物の保存・再生事業にも尽力しておられます。この度御縁を戴いて開催の運びとなりました。

 

大広間ではなく、襖を外して、いくつかの小間にお席を設置致します。ご予約が多くなりますとお座布団席を追加することも御座います。御協力いただけますようお願いいたします。

 

お隣の重森美玲庭園美術館の見学は含まれておらず、こちらで承ることは出来ません。ご希望の方は直接お早めにお申し込み下さい。11時から限定10名ほどとのことです。開場までの御時間はご入場いただけませんので、お近くのカフェなどで御時間の調節をお願い致します。

 

第41回【柏木】後編 第三十六帖

    

月12日 (日) 

 

ところ 招喜庵    地図

 

京都市左京区吉田上大路町34

 

開場   13時30分より受付開始

開演   14時 (16時終了予定)

 

ご参加費 4000円  

要予約 椅子席。お座布団席もあります

 ご予約は↓フォームへ

 

定員 50名 お早めに御予約下さい

<アクセス>

●阪急河原町、京阪出町柳から 市バス201系統 京大正門前(東一条)下車 

●JR京都から 市バス206系統 

   京大正門前(東一条)下車 

 

徒歩→出町柳2番出口から17分 経路 

 


源氏物語 柏木 ちらし 招喜庵 山下智子
クリックすると拡大します

 

コロナウイルス感染防止対策といたしまして、恐縮ですがマスク着用をお願い致します。

 

当日受付にてお席料を頂戴致します。御予約は以下のフォームからどうぞ

 

メモ: * は入力必須項目です



 

清澄庭園 大正記念館 『帚木 雨夜品定』 四月一日(土) 2023

 

 

おって御案内致します

源氏物語 夕顔 山下智子 ちらし表 浜屋敷 尾崎尚子 友禅

 

吹田市の古民家を利用した文化施設 

浜屋敷 での語り会です。

人気の【夕顔】の巻をお聞き戴きます。

手描き友禅作家 尾崎尚子さんの作品【夕顔】などの展示も御座います。

 

浜屋敷  https://hamayashiki.com/about/

アクセス https://hamayashiki.com/access/

 

お申し込みは4月1日より浜屋敷にて受付ます

40席限定 お早めにどうぞ

 

電話 06-4860-9731

源氏物語 夕顔 山下智子 浜屋敷