源氏物語五十四帖を語り尽くす企画第二弾、丁寧な解説付きで初めての方も安心してお聴きいただけます。

新たにスタート!70回の会を重ねて語り終えた全五十四帖、そしてあらたに二巡目の旅が始まりました。これまではノーカットでお届けしましたが、長くとも一回1時間強でおさまるように適宜省略(壮大な巻はこれまで通り何回かに分割)してお届けする全五十四帖連続語り会です。 どうぞ応援して下さいませ。


第五帖「若紫」

四月 二十日(土) 二十一日(日) 2024年 (第七十五回公演)

 

源氏物語 若紫 山下智子 アトリエ第Q藝術

 

第五帖「若紫」あらすじ

 

春、病気の治癒のための加持祈祷に聖を訪ねた北山の地で、源氏は慕ってやまない藤壺の宮に面差しを映す若草のような少女に心を奪われる。宮の姪と知り、もらい受けたいと祖母の尼君に所望するが断られる。
京に戻った源氏は藤壺の宮が病気のために実家に下がっていると聞き、この折にこそと王命婦に手引きさせ、宮との夢のような逢瀬が実現する。結果源氏の子を 身籠もった宮は苦しんだ挙げ句に帝の御子として奏上、帝を喜ばせる。二人は犯した罪の重さを恐れ嘆く。
 晩秋に尼君が亡くなり、少女が実父兵部卿の宮に引き取られるときくや源氏は先んじて彼女を強引に二条の院に迎えとり、思い通りの女に育て上げるべく教育 を始める。次第に新しい生活にとけ込んでいく少女に藤壺の宮の面影を見出す源氏は、その成長に期待し胸膨らませる。

 

 

源氏の君 紫のゆかりの恋の旅路がいよいよ始まります。

藤壺ゆかりの若紫との出逢い、藤壺密通という禁断の恋、 世を欺いて生きる運命を愛する人と共に背負い、形代としての若紫を愛()で育てる源氏。源氏物語の根幹をなす紫のかさねが 光と闇となって京の季節に織られてゆきます。

 

 第75回

 第五帖「若紫 

 

4月20日(土) 21日(日)

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

            徒歩2分

両日 3時開演( 開場 2時30分

 終演後自由参加の茶話会があります。

 

御予約   3500円 当日4000円

  お席には限りがありますのでお早めに御予約下さい

 

お申込は以下からどうぞ

 

源氏物語 山下智子 若紫 アトリエ第Q藝術
クリックで拡大します

メモ: * は入力必須項目です

6月公演「末摘花」は22日(土)、23日(日)です、御案内はまだですがご予約可能です。

メモ: * は入力必須項目です

第四帖「夕顔」

二月 十七日(土) 十八日(日) 2024年 (第七十四回公演)

 

源氏物語 夕顔 山下智子 アトリエ第Q藝術


夕顔あらすじ

 

 源氏十七歳の夏。五条に住む乳母を見舞った際にふと隣家に目をとめる。折しも一輪の夕顔を白い扇にのせて歌を詠みかけてきたこの家の女主人に源氏は興味を覚える。

 その頃の源氏は、年上で自尊心の強い愛人六条御息所に気詰まりを感じていた。腹心惟光の探りから、五条の夕顔の女は頭中将の思い人ではないかと思いつつ、身元を隠して女のもとに通い、やはり正体を明かさない女のやわらかなもてなしぶりにいいようもなくのめり込んでゆくうちに、六条御息所への通いは絶えてしまった。

 八月十五夜の明ける頃、源氏は、二人で静かな時を過ごそうとある廃院に女を連れ出す。その夜、夢うつつの枕元に恨めしげな女が現れ、夕顔をとり殺してしまう。物の怪の出現に源氏は戦くが、惟光の機転で秘密裡に女を荼毘に付す。

 悲しみに暮れた源氏は秋の日、二条院に召した夕顔の侍女右近と夕顔の思い出を語り合う。

 

 

 

 第74回

 第四帖「夕顔 

 

2月17日(土) 18日(日)

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

            徒歩2分

両日 3時開演( 開場 2時30分

 終演後自由参加の茶話会があります。

 

御予約   3500円 当日4000円

  お席には限りがありますのでお早めに御予約下さい

 

お申込は以下からどうぞ

 

源氏物語 山下智子 夕顔 アトリエ第Q藝術
クリックで拡大します

第二帖「帚木」より「帚木の女」 第三帖「空蝉」

十二月 十六日(土) 十七日(日) 2023年 (第七十三回公演)

 

源氏物語 空蝉 帚木 山下智子 アトリエ第Q藝術

 

空蝉の羽に置く露の木隠れて

忍び忍びに濡るる袖かな

 

 

あやしう夢のようやった先夜のことが

心から離れる隙もおへん頃で

心とけて眠ることなどでけへんのでござります

(空蝉より)

 

あらすじ

第二帖 [帚木の巻後半] 

源氏は方違えに 泊した邸で、主の紀の守の若い継母がここに来合わせていると聞く。雨夜の品定めで中の品の女性に興味を持っていた源氏は、皆が寝静まると女の寝所に忍んだ。その後も源氏は女の弟小君を手なずけ逢瀬を企てるが、女は人妻である我が身を謹み源氏を受け入れようとしない。

 

第三帖 [空蝉の巻] 

源氏は腹立たしい思いでいたが諦められず、ある夏の夕方再び女の元へ忍んだ。格子から 女とその継子が碁を打つ姿を垣間見、美しい継子と貧相だが奥ゆかしい女を見比べる。夜 更けて、女は源氏のことを思い眠れずにいる。と、寝所に忍び込んでくる源氏の気配に気 づき、隣で眠っている継子を残して床を抜け出した。源氏は美しい継子と契ってしまう。 女の薄情にし失望た源氏ほ恨みながらも彼女が抜け殻のように残した薄衣と添い寝し、恋 しい思いを文に託す。源氏の志に女は我が身の拙さを嘆く。 

 

 第73回

 第二帖「帚木」より「帚木の女

 第三帖「空蝉」 

 

12月16日(土) 17日(日)

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

            徒歩2分

両日 3時開演( 開場 2時30分

 終演後自由参加の茶話会があります。

 

御予約   3500円 当日4000円

  お席には限りがありますのでお早めに御予約下さい

 

お申込は以下からどうぞ

 

源氏物語 山下智子 帚木 空蝉 アトリエ第Q藝術
クリックで拡大します

以下の公演は終了しております。公演記録といてご覧下さい。

第二帖「帚木」より「雨夜品定」 

十月 十四日(土) 十五日(日) 2023年 (第七十二回公演)

 

 

うちはらう袖も露けき常夏に

あらし吹きそふ秋も来にけり

 

肌になじんだ柔かい白い上の衣の上に

直衣だけを無造作にお召しやして

紐などもお結びにならんと横になっといやすお姿が

灯心の光に映えてるのは

ほんにうっとりするほど結構でござりました

(帚木より)

 

あらすじ

光源氏十七歳。 五月雨の続く物忌みの夜、源氏のもとに、義兄頭 中将はじめ左馬頭、藤式部丞が訪ねてき、女性談義が始まる。

頭中将が女性を上、中、下と階級に分けると、左馬頭は「恋人と違い生涯の伴侶選びは難しい」と、嫉妬深い女、浮気な女など経験談を語るが、源氏の気持ちはそこにはない。頭中将は、中流階級「中の品」の女性がよい と、一人の女人(第四帖に登場 する夕顔の君)について語りだし、正妻の嫌がらせのせいで女は幼い娘とともに行方をくらませてしまったと泣く。 藤式部丞が賢すぎる女との滑稽譚を語るなど降り止まぬ雨のように話は続くが、源氏の心を占めてやまないのはある御方への思いであった。女の品定めは 結論をみないまま夜が明ける。

 

*この後に続く源氏と帚木の女(空蝉)との出逢いは、第三帖「空蝉」の巻と供に語ります

 第72回

 第二帖「帚木」より「雨夜品定」 

 

10月14日(土) 15日(日)

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

            徒歩2分

両日 3時開演( 開場 2時30分

 終演後自由参加の茶話会があります。

 

御予約   3500円 当日4000円

  お席には限りがありますのでお早めに御予約下さい

 

お申込は以下からどうぞ

 

源氏物語 山下智子 帚木 雨夜品定 アトリエ第Q藝術


第七十一回 第一帖「桐壺」 八月 十九日(土) 二日(日) 2023年

 

 

源氏物語 夢の浮橋 ちらし 山下智子 アトリエ第Q藝術

 

 

いときなき初元結ひに永き世を

契る心は結びこめつや

 

どの天子さんの御代のことでござりましたやろか

女御や更衣が大勢侍っといやした中に

そないに重い身分の方ではござりまへえで

それはそれはときめいといやす御方がござりました

                    「桐壺」の巻より

 

「桐壺」あらすじ

時の帝の寵愛ぶりが宮廷の秩序を乱すほどであったので、他の女御や更衣の妬みの的となってしまった桐壺更衣。玉のように光る皇子を生むも、心労が重なりやがて亡くなってしまう。

嘆き深い帝は遺された皇子を特別に愛する。高麗人などによる占いは並々ならぬものがあったが、後ろ盾のない皇子を東宮にすることはできず、臣籍に降下させることにする。光る源氏の君の誕生である。

源氏の君は元服し、左大臣家の一人娘である葵上と結婚するが、父帝が迎えた母桐壺更衣に瓜二つの藤壺の宮を後の母と慕ううち、その心はいつしか恋心へと変わり、一途に思慕するようになる。

 


 第71回

 第一帖「桐壺 

 

8月19日(土)月 20日(日)

 

【アトリエ第Q藝術】 Map  

 最寄り駅:成城学園前 (小田急線)

            徒歩2分

両日 3時開演( 開場 2時30分

 終演後自由参加の茶話会があります。

 

御予約   3500円 当日4000円

  お席には限りがありますのでお早めに御予約下さい

 

 

申し訳ございません。ご予約で満席になりました。ありがとうございます。

源氏物語 山下智子 桐壺 アトリエ第Q藝術